パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

5.9号機はもはや勝てる台ではない

最近になってパチスロも規制の影響を受けていますね。

 

既に、ホールに新台として出回っているのが5.9号機になっています。例えばエヴァのまごころ2やこれから出る黄門ちゃまVなども5.9号機ですね。

5.9号機は今までの台よりもかなり出玉性能が劣っています

 

例えば有利区間を設けている事であり、ARTは最大1500ゲームを消化すると終了になり通常時に戻ります。

さらに、天井機能がなくなっていますからその影響も大きいですね。つまりもはや勝てる台ではないです。

 

天井機能の劣化

 

さて、5.9号機の最大のポイントが天井機能がなくなっている事です。

 

今までの台は、天井を搭載している台も多く、規定ゲーム数に達すると天井が発動して初当たりの恩恵を受ける事ができます。

つまり、投資が止まることになりプレイヤーとしてはちょっとほっとしますね。

 

しかし、5.9号機は天井がないですから、いくらでもはまる可能性があります。特に初当たりが低いまたは低設定の場合は、数千ゲームはまる可能性も十分にあり、投資だけがかさんでいく可能性があります。

 

天井がない分、深追いする気持ちがなくなりすなりと辞められる可能性がありますが、それでも天井がなくなっているのは投資という面ではマイナスです。特に低設定はこの天井がないデメリットが大きいと言えます。

 

出玉がしょぼい

 

さて、5.9号機ですがとりあえず出玉がしょぼいですね。

 

1500ゲーム消化すると通常画面に戻りますから当然一撃制が抑えられています。

今までは、一撃5000枚以上でる事もありましたけどこの規制の影響でその可能性はないです。

一撃3000枚ぐらいが限度だと思います。それだけ見返りが少ない感じになっていますから投資が数万円ぐらいになると負ける可能性が高くなっています。

 

このように、出玉による規制はプレイヤーからするとデメリットしかならずもはや打つ意味さえあるのかという感じです。間違っても5.9号機は打たないというのが大事ですし、今後のパチスロ遊戯の考えを改める必要があります。

 

もはやパチスロを続けていいのか

 

さて、5.9号機はとりあえず厳しいという事をお話しましたけど、ここまで来るともはやパチスロを続けていけばいいのかという事です。

 

現在、収支がマイナスの人は間違いなく辞めた方が良いでしょう。5.5号機までは何気に勝てる時代だっと思います。

しかし、それでもなかなかプラス収支になっていない人ははたして規制が厳しい5.9号機で勝てるのかという事です。

 

まあ、断言すると勝てないですね。今まで勝ちやすい時代に勝てていない人が今後勝てるかといえば勝てないというのが一般論です。厳しい言葉ですが現実を受け入れて、これ以上無駄な投資をしないことに考えを変えていく必要があります。