パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロは勝てない事を認識する

さて、パチスロを辞めるというのは簡単な事ではないですが、まず辞めるためには基礎的な事を理解する必要があります。

 

パチスロを辞められない原因の1つとしてやはりお金がありますね。パチスロを続けている人は少なからず大勝した経験を持っている事が多いです。まあ、大勝したからそのまま続けてしまって楽しさを認識してしまったのだと思いますが、まずはパチスロを勝てない事を認識する必要があります。

 

勝つ事は難しい

 

さて、パチスロというのは勝ったり負けたりの繰り返しただと思いますが、実際にトータルプラス収支の人は何人いるでしょうか。

もちろん、少なからず勝ち組というのは存在しており、月に数十万円ぐらいの収支をたたき出している人もいます。

 

ただ、大事なのはその割合であり、パチンコ業界は約19兆円という莫大な市場になっています。大手の売上や利益をみてもすごいですよね。

つまり、負けている人が圧倒的に多い事が分かります。

 

パチンコ店の利益はすべてお客さんから補っています。みなさんが負けたお金が利益となっていますから、ここまで成長してきた産業の裏には、かなりのお客さんが負けているという実績があります。

 

それだけ、勝つ事は難しいという事ですね。特に期間が長くなるほど勝つのは難しくなりますから、トータルプラス収支の人は少ないです。このように、簡単ではないという事を理解すればパチスロで勝つという気持ちも薄れてきます。

 

たまに大勝をするのが厄介

 

さて、パチスロは勝ちにくいというのは、既に多くの人が知っています。しかし、負けている人でも毎日負けているわけではないです。

 

どれだけ、マイナス収支が大きくなっている人でもたまに大勝します。この大勝が少し厄介であり、パチスロやギャンブルいに依存する原因となっています。

大勝すると、やはり人は嬉しい物であり、特にお金目当てで行っている人にとってはかなり嬉しい気持ちが出てきますね。

 

それだけで終われば良いですが、この調子なら今後もコンスタントに勝てると思ったり、自分は勝つ素質を思っていたりなど錯覚すると結局そのお金をまたパチスロに使ってしまうことになります。

 

人は欲がある生き物であり、特に目的意識が強ければ強いほど良い事があるとさらに攻めていく姿勢が強くなります。パチスロで大勝するとさらに勝って嬉しい気分になり、なかなかパチスロを辞める事に繋がらないです。

 

パチスロのハードルは高い

 

さて、パチスロで勝つためにはどうすればいいかですが、基本的には天井狙いと設定狙いになります。

 

天井が近い台を打つ事によって期待値を稼ぐ事になり、プラス収支が見えてきます。さらに、高設定を打つ事によって当然、プラスに近づけます。

 

言葉でいうのは簡単ですが、実際にこの2つを常にこなすのは難しいです。

まず、天井狙いですが既に多くのライバルが存在します。つまり、一人で多くの台数を遊戯する事は難しく、天井狙いで稼ぐのは難しいのが現状です。1日パチンコ店いたら5回ぐらいは出来ると思いますが、その時に収支の状況によってもしかしたら一か月でプラス収支にならない可能性があります。さらに、時間が短い場合はなかなか天井狙いができない可能性があります。

 

次に設定狙いですが、常に高設定を打つのが難しいです。当然、設定狙いをする時には今から打つ台が設定何なのかは分からない状況です。つまり、低設定を打つリスクもあります。

 

特に朝一からの実戦になると、高設定を常に打つ事は難しくたまに高設置を積もれば良い方だと思うので、設定狙いというのは難しいです。このように、パチスロで勝つハードルは高いですから、決して勝ちやすいとは言えないです。