パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロで借金をしている人はまずい

もう春ですね。

今年の始まりですが、少しでも良い人生を送るためにも自分にとってマイナスな事は少しでも改善していく必要があります。

 

パチスロ依存症も当然マイナスです。特にパチスロ依存症でまずいのが借金をしている人ですね。パチスロで借金をするようになるとかなり末期状態ですので注意します。

目次

 

 

借金という危険信号

 

さて、借金をしている人は世の中に多く存在します。

 

そもそもクレジットカードを日常的に使っている人も借金があります。ただ、どのような目的で借金をしたかによって意味合いが違います。

 

例えば住宅ローンの場合は、マイホームを手に入れる大きなメリットがあります。たしかに莫大な借金を抱える事になりますが、マイホームを手に入れて人生を楽しむことができるので価値がある借金になります。

 

そこで、パチスロで借金はどうでしょうか?パチスロをするために借金をして、借金の額が大きく膨れ上がるケースも珍しくないです。

 

パチスロで得るものはほとんどないです。その時に快楽ぐらいでしょうか?でもそのような快楽はすぐに忘れてしまいますし、負けて借金が膨らむとストレスがたまったり、お金に余裕を持てなくなる危険もあり非常に危険な状態になる可能性があります。

 

借金をしてまでパチスロをするという事はそれだけパチスロをしたいという要求が強く、我慢できない状態です。つまり、重度の依存症になっている可能性があるので、借金をしてまでパチスロをしている人は超注意です。

 

パチスロで借金をしても良い事はない

 

さて、パチスロで借金をしている人も多いですが、少なからず少しでも負けを取り返したいという気持ちもあります。

 

しかし、借金をしてパチスロをしているという事は、それだけ今まで負けているという証でもあります。今まで負け続けている人がはたして今後勝てるかと言うと残念ながら負ける事が多いです。

 

立ち回りなど変えていけば勝てる見込みはありますけど、借金をしてまでパチスロをするのは重度の依存症になっている可能性があるので、冷静な判断ができないことが多いです。つまり、勝つ立ち回りを常に行うのは厳しい状況ですから将来の事を考えるのであれば、辞めるというのが一番の方法です。

 

自分で改善できるかがポイント

 

さて、借金をしてパチスロを打っている人で、このままではまずいという考えを持っている人も当然います。

 

当然、お金がなくなっていくわけですからそう考えるのは自然です。しかし、危機感を持つだけでなくて、今後どのように改善していくかが一番のポイントです。

 

いくら危機感を持っていても、何も改善しなければ今の状況は変わりないです。パチスロで借金をしない、パチスロを辞めるなどしっかりと行動を取っていく必要があります。

 

しっかりと自分で改善するための行動を取れば、今の状況を改善できる事は可能です。しかし、なかなか自分で改善できなくて、状況が変わらないですとどんどんマイナス方向に行ってしまう可能性があるので自分の意思の強さが大事です。パチスロを辞めて、借金をしないようにするという簡単な事ですが、今までずっとパチスロをしてきた人にとってはなかなかできない事ではあります。しかし、うまく断ち切ることができないですと将来的に、お金に余裕がなくて借金もなかなか返済できなくなる可能性があります。