パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロで作った借金は後で後悔する

パチスロに依存してしまうと、当然お金を使ってしまう頻度も多くなります。

 

そこで、問題になるのが借金ですね。パチスロをする頻度が多くなり借金をしてしまったという事例も多いですよね。その時は、パチスロで取り返したいという気持ちが強いですが、しばらく経った後に後悔することが多くなります。

 

無駄なお金

 

先ほども言った通り、パチスロに熱くなっているとパチスロのために借金をしても、取りえしたらまとめて返済しよう、ちょっとだけ借金しても大丈夫という軽い気持ちが働きやすいですね。

 

特に依存している状態ではこのような状態になる危険度が高いです。しかし、後で後悔することが多いですよね。

うまく借金したお金で取り返すことができれば借金して良かったと思えるかもしれないですが、実際に負けることが多いですよね。

借金をして借りたお金も無くなってしまったとなると、残るのは借金の債務だけです。そうなると、借金してまでパチスロをするべきではなかった、借金さえしてなければもっとお金が手元になったなどと後悔することが多くなります。

 

初めは勝つ事を前提にして前向きに借金をしますけど、上手く行かなければかなりマイナスに働くのでギャンブルで借金をするなどもっての他と言う事を理解しなければいけないです。

 

なぜ借金をするのか

 

借金をしてパチスロをして、後悔する人が多いです。では、なぜ借金をしてしまうのかを考えます。

 

結論は出ていますけど、負けてしまうことが多いから手元にお金がなくなって借金をしてしまうという事です。つまり、負ける立ち回りをしている可能性が高いです。そうなるといくら借金をしてお金を借りても同じように負けてしまう可能性が高く、結局手元に残らないという現象が起きます。

 

パチスロで負けまくって借金をしている人は、どれだけお金があっても勝てないという事です。もちろん、負けている人が多いですから多くの人がこうなりますよね。

 

なので、ギャンブルは趣味範囲内でしていくのが理想と言われています。ただ、ギャンブルはどうしてもお金がかかってきますし、20スロならば数万円ぐらいかかってくるので熱くなってしまうのは自然な流れですね。

 

依存症を治すしかない

 

パチスロで借金をしている人は例外なく依存症だと思います。

 

もし、依存症になっていなければ、そこまで熱くならないですし、正常な判断が出来て借金をしてまでパチスロをするべきではないと考えることが出来て、借金をする事はないです。

 

つまり、パチスロのために借金をしてしまった人は、自分がパチスロ依存症だと認識してまずは依存症を治すことが先決です。パチスロに熱くなって、負けては借金をしての繰り返しではいつまでたっても、負のスパイラルから抜け出せない可能性があります。

もし、身近にパチスロで借金をしている人がいたら、その人に依存症だと伝えることも大事ですね。どうしても本人が気付かない時には距離を話すことも大事です。