パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチンコも出玉が規制される

パチスロは既に6号機に移行しています。

 

とはいっても、6号機が出てくるのは秋ぐらいの予定であり、今は5号機が中心となっていますね。5.5号機がメインとなりつつあるのがパチスロです。

 

パチスロが今後大きな変化がありますが、パチンコも同じように規制されるようになり、さらにパチンコは今までと違ったタイプが進出してきます。

目次

 

 

パチンコの出玉は上限が1000玉

 

さて、パチンコにも出玉規制があります。

それが、1回の大当たりが約1000玉になるという事ですね。今の機種は1500玉が多くなっていますけど、それが1000玉ぐらいになるという事でこれはかなりの出玉規制ですよね。

 

ラウンド言うと10ラウンドになります。もちろん、時と場合によっては多少の玉数のずれは生じると思いますが、今までの3分の2と考えた方が良さそうですね。

 

これによって出玉が多く確保するのが難しくなるだけでなくて、出玉スピードも制限されるので今までのように大勝する機会が減ってしまう可能性があります。今の現状でマイナス収支の人はさらに厳しい状況になります。

 

パチスロと同じように設定が設けられる

 

新規制のパチスロの大きな変化が設定が設けられるという事ですね。

それによって、釘調整が出来ない仕様になることが濃厚です。まあ、どの台を打っても回り具合は変わらないという事で、今のような台によってまったく回らないということが起きないのでその点では安心できますよね。

 

これは、ストレスを軽減しながら打ているという点ではプラス要素と言えます。ただ、その代わり設定が付きます。

 

基本的には6段階設定であり、大当たりの確率や確変確率などが違ってくると思います。

 

パチスロのように高設定を打てればそれだけ収支が上がるということが言えます。これはメリットもあればでデメリットもあります。

 

メリットは、高設定を打つことができれば安定して勝てるという事ですね。確率があたらいやすくなるほど出玉も期待できますからね。

デメリットは、目で見て分からないという事です。釘の場合は、目で見るだけである程度回るかどうか理解できましたけど、それが出来ないというのは少しデメリットですね。

打たなければ分からないという事です。大当たり確率など見て推測する事は出来ますが、朝一からの稼働の場合はリスクが付き物です。また、設定となると低設定が多くなるのではないかという不安もあります。設定1ばかりになると当然、勝てないですし客も減ります。

 

客が減れば高設定をさらに入れにくくなるのでさらに低設定が多くなり負のループです。この設定付きのパチンコはホールの力量にかかっています。稼働が多いホールであれば高設定は期待できると思います。

 

勝ちにくくなるのは確か

 

設定導入という事で、楽しみが増えると言うのがありますし、プロだけに良い台を打たれないというメリットもあります。

 

釘の場合は、回る台というのは朝から専業の人が打っていることが多いですが、設定となればプロといえども高設定を打つ機会は減ります。そこで、一般人が高設定を打てる可能性が出てくるのです。

 

しかし、出玉規制がある限り、勝ちにくくなるのは確かです。しかも低設定ばかりになるとなおさら勝てなくなるのでその点を理解して、今パチンコ打っている人は考えていく必要があります。少しでも厳しいと感じたら辞めるのがお勧めです。