パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロは人生の楽しみを制限してしまう可能性

パチスロをやっていると趣味程度に抑えてお聞けばそこまで大きな問題はないですが、趣味を超えて依存度が高い物になってしまうとパチスロに向き合う時間が多くなり、その結果、人生の楽しみを制限してしまうデメリットがあります。

 

日本には、多くのパチンコ店がありもしパチスロに依存してしまうことがあると、日常的にパチンコ店に行ってしまって、他のことにあまり興味を示さなくなりその結果、パチスロ以外の楽しみを味わえない可能性があるので注意しなければいけないです。

目次

 

 

パチスロ以外にも楽しいことがある

 

パチスロをしている人からすると、パチスロは楽しいものだと思います。しかし、世の中には多くの楽しいことがあり、それらをしっかりと体験することによって人生がもっと楽しくなる可能性があります。

 

実際、パチスロをしている人は人口の1割もいないです。つまり、ほとんどの人が他の事で人生を楽しんでいることになり、パチスロ以外の楽しみが多くある事を証明してくれています。

 

スポーツや飲み会、カラオケやボーリング、キャンプなど身近なものでもすぐに思いつきますし、それ以外にも数えきれないぐらいの娯楽があると思います。パチスロばかりしていると、他の楽しみ方を理解できないですし、体験でも出来ないのでここで少し他のことにも興味を持つことが必要ですね。

 

パチスロに依存していると行動しない

 

世の中には楽しいことが多くありますが、パチスロに依存している状態では他の事をしたいという気持ちがあまり出てこない可能性があります。

 

パチスロで満足しているので依存していると思いますが、依存を改善して他のことに興味を持ち、もっと人生を楽しくすることが大事です。

 

パチスロ依存は、そう簡単に改善できるものではないです。人によっては病院に行くほど重症化している可能性もあり、自分で改善していくためには強い意識と他のことに集中できる環境を作ることも必要です。ただ、この依存を改善することによって、他のことに興味を持つきっかけになり、今までの人生よりも楽しい人生が待っている可能性があり、後で後悔しない可能性が高いです。

 

パチスロのマイナス点にいかに早く気付くか

 

パチスロは、人生の楽しみを半減するものになりますが、このデメリットをいかに早く気付くかが大事です。

 

パチスロ以上に楽しむ事はないという考えを持っている限りはなかなかパチスロのマイナス点に気付かない可能性があります。少しずつで良いので、他の楽しみ方を模索していきます。

自分で分からない場合は、人に聞くのもありです。特にギャンブルをしていない人がどのように日頃楽しんでいるのかを聞いて、その人とコミュニケーションを取っていく事だけでも他の楽しさを実感できる可能性があります。パチスロはお金を無駄に使ってしまうだけでなくて、人生にとっても大きな問題を与えてしまう可能性があります。