パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチンコパチスロの遊戯人口ついに900万人割れか

パチンコパチスロの遊戯人口は常に気になる所ですね。

 

2018年となる今年は、ついに900万人割れとなる情報が舞い込んできています。去年は1000万人割れという事で注目されてきていましたが、今年はさらに参加人口が減少している可能性が高く、さらに注目を集めそうですね。

 

参加人口はなんと899万人

 

エンタテイメントビジネス総合研究所の情報によると、現段階でのパチンコパチスロ参加人口は899万人となったようです。

 

これは今までにない事であり、とうとう900万人を切った感じですね。もちろん、この後のレジャー白書の結果と照らし合わせる必要がありますが、確実に遊戯人口は減ってきているということでしょう。

 

去年も、今後さらに現状するのではと予測していましたけど、どうやらそのような状況になりつつあります。

 

パチンコ店の閉店数も増えていますし、厳しい状況だという事を物語っています。実際どのような方法で集計しているのかは分かりませんが、もしかしたらもっと少ない人数かもしれませんね。

 

なぜ、ここまで落ち込んできているのか。やはりそこには大きな理由があり、今後も参加人口が減る要因は盛りだくさんですので、来年はさらに減るということが予想されます。

 

出玉の減少

 

参加人口が減ってきている1つの要因としては、出玉の減少ですね。パチスロでいうと5.5号機、5.9号機となるにつれて出にくくなっています。

 

さらに、6号機になると出玉の部分の規制はさらに厳しくなり今後も明るいニュースはないですね。ハイリスクハイリターンというのが既に定着しており、遊びやすい5号機はどこでいったのでしょうか。

 

この状況では、やはりユーザーも離れていますね。勝てないというのが日常的に起こり、結果的にお金の問題を大きくしています。さすがにこの状況では辞めていく人も多いです。もちろん、まだ粘り強く打っている人も多くいますが、ヘビーユーザーが多いですね。今後さらに厳しくなってくるという事はそれだけ設定状況も厳しくなるという事です。あまりパチスロに夢を持たずに適度に遊ぶか辞めるかの選択を考えた方が良さそうです。

 

パチンコ店の全面禁煙化

 

6号機というのも1つのポイントになりますが、さらにパチンコ店の全面禁煙化も追い打ちをかけることが予想されます。

 

パチンコ店で遊戯している人の8割ぐらいは喫煙者のような気がします。もし、パチンコ店の全面禁煙化となれば遊戯にしくくなり、辞めてしまう人も出てくるのではないでしょうか。

 

パチンコ店の全面禁煙化はほぼ確定的ですので、2020年にはどのような状況になっているのかは予想できないです。少なからずかなり遊戯人口が減っている事は予想されます。この時期になると今主流となっているパチスロ機種も撤去となります。

 

バジリスク絆やまどかマギカなどの旧基準機、番長3やジャグラーなどのメイン機種このあたりもほとんど撤去となっているのでさらに予想出来ない状況ですね。今年で既に900万人割れとなれば今後のパチスロはさらに不安しかないです。正直私も先が読めないですね。4号機から5号機みたいになることが予想されます。ここ数年でさらに大きく変化してくる可能性があり、注目ですね。