パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

2018パチンコ遊戯人口が発表される 前年よりも下がり900万人

パチンコ遊戯人口ですが、2018年度版も発表されましたね。

今回発表したのはレジャー白書であり、おなじみのレジャー関係の動向を集計しています。今年発表されたのは2017年度の参加人口ですので、今の段階ではもっとパチスロ人口が減っている可能性があります。

 

発表された数字は900万人です。前年度よりも遊戯人口は減ってきているという事で、やはりパチンコ業界は撤退しているのではと予想しています。

目次

 

 

過去最低の値

 

この遊戯人口は過去最低の値です。前年度も900万人弱という事で過去最低の値となりましたけど、今回はちょうど900万人という事でいよいよ800万人という数字も見えてきましたね。

 

年々減少している参加人口ですが、特に中小規模のパチンコ店の参加人口が減少していますよね。大手パチンコ店は知名度もあり、サービス重視の営業をしている所も多いのでそこまで減っているイメージはないですが、やはり大手にはなかなか追いつけない中小規模のパチンコ店は厳しい状況です。

 

ここで減ってきた要因としては、やはり規制がありますね。パチンコのマックス機がなくなったのは大きな痛手ですし、パチスロの旧基準機の割合も減ってきています。さらに、非等価に移行しているお店も多く、6号機やパチンコの新規性というのが大きな影響を与えているものと考えられます。

 

今後も減り続ける可能性があります。パチスロで言うと旧基準機が来年の1月末で15%になり、今まで支えてきたAT機の割合が減るのが大きいですね。たしかに6号機ではAT機も造ることが出来ますが、旧基準機よりも勝る事はないでしょう。

 

参加人口が減る負の連鎖

 

参加人口が減るという事は、それだけホールの利益も少なくなります。売上も減りこれが設定に響いてくることは間違いないでしょう。

 

台の費用は高く、人件費も削るのは難しいのでこの状況のまま今までと同じようにやっていくためには、設定を下げて回収率を上げる必要があります。設定状況は地方を中心に表れていると思います。

 

設定状況が悪いホールは多くなり、優良店が少なくなっていますね。都会など人口が多い地域はまだパチスロやパチンコをする人が多いので売上も多く、還元できる余力は十分にあると思うので、優良店は多いです。また、人口が多い地域はライバル店の多いので還元してアピールしなければ遊戯数が減るので、設定をコンスタントに入れてくるホールも多いです。

 

このように、まだ都会などは大丈夫ですが、地方のパチンコ店は少し厳しい状況になっています。この状況をどうとらえるのかが大事です。

 

パチスロを続けるのはリスクがある

 

これだけ遊戯人口が減ってくると設定に悪影響が出てきますし、規制も入りパチスロは厳しい状況です。つまり、リスクがある娯楽になります。

 

みなさん負け続けるとストレスがたまりますし、少し性格が歪んでくる可能性があるのでリスクを負わないためには、辞めるという決断も正しいです。

 

特に20スロは投資金額が多いので、5スロに移動するのもありです。いきなり止めるのが難しい人は、5スロに移動して少しでも負け額を少なくなるのがお勧めです。