パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロ依存症は家族の協力も必要

こんにちは。

 

最近は本間に熱いですね。気温が全国的に見ても35度から40度と言う事で、数十年前の夏と比べると明らかに最高気温は上昇しています。

 

先日、未来の日本の気温という番組をやっていましたけど、40度を超えるような暑さが敏感に訪れるという事でしたね。それだけ温暖化は確実に進んでいるという事です。

目次

 

 

パチスロ依存状は自分ではどうにもならない時がある

 

パチスロ依存症というのは、パチスロにはまっている状態ですね。週に3日以上行く事が多く、使っている額が趣味の範囲を超えている場合は、パチスロ依存症と言えるでしょう。

 

人によっては、自分で自覚している人もいて、危機感を持っている人もいます。生活費が苦しくなったり、カードでお金を借りてパチスロを楽しむような経験をしている人は頭の片隅には自分が依存症だと気づいているでしょう。

 

自分で依存錠を断ち切ることが出来れば、問題ないですが残念ながらパチスロを辞めたい気持ちが強くてもついつい行ってしまう人も多いです。自分だけでは辞められないような状況ですね。

 

パチスロの遊戯期間が長いほど、この傾向が強くパチスロが既に日課となっています。この状況では、自分では辞められない可能性が高いので、家族の協力が必要になります。家族もパチスロ依存症であれば相当やばいですが、もしあなた以外の家族がパチスロ依存症になっていない、そもそもパチスロをしていないという場合はその人に協力するのも1つの手ですね。

 

申告プログラムを活用

 

最近は、依存錠の人のために自己申告プログラムがありますし、家族の申告プログラムもあります。

 

今は、依存症は社会問題になっていて、オリンピックも近いことからこのような依存症のプログラムを積極的に行っているパチンコ店が多いです。申告プログラムなどを使って辞めるのはプライドが許さないという人もいると思いますが、このままずるずるパチスロ依存状のままの状態ですとさらに状況が悪化するので申告プログラムを使うのも良い方法です。パチンコ店のカウンターなどに申告プログラムなどの詳細が書いてありますね。

 

依存症になっているともはや1つの病気のなっている状態です。辞めたいという意思があるのであれば少しでも辞められるようにさまざまな方法を行う必要があります。

 

家族は何をすれば良いのか

 

さて、依存症になっている人の家族は、依存症の人を助けるために何をすればよいのかですが、まずは辞めるように常に注意を促すことから始めます。

 

もちろん、それだけでは依存症になっている場合は効果が薄いです。例えば一緒に他の趣味を探したり、お金の管理を代わりにしてあげるのも良いですね。また、カードローンなどの金融サービスを本人が利用出来ないようにカードを家族が預かるというのも1つの方法です。

 

奥さんや旦那さんがパチスロ依存症になっている場合は、家計が破たんする可能性も少なからずあります。早めに手を打ってパチスロで借金の額が増えたり、家計が苦しくならないようにします。家族の中に一人でもパチスロ依存症がいたら場合によっては他の家族に影響してきます。子どもがいる場合は、子どもの教育という意味でも親がパチスロ依存症というのはあまり良くないです。依存症と向き合うというのだ大事ですし、家族一丸となってパチスロ依存症から抜出することが必要です。