パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

主婦がパチスロにはまりやすい理由

こんにちは。

 

パチスロというとやはり主婦がハマっているというのも良く聞きますね。当然、他の層もはまっている人も多いですが、見た感じ主婦の人が一番パチスロで損をしているのではないでしょうか。

 

以前に、パチスロ依存症の番組などでも主婦の人が登場したのを見たことがあります。なぜ、主婦がはまりやすいのかその点についてお話します。

目次

 

 

時間が余っている

 

主婦がはまりやすい理由の1つに時間があるという事ですね。

 

もし子どもがいない場合で働いていない主婦の人は、昼間の時間帯何しようかなという事を考えると思います。

家事をずっとするというわけにはいかないですし、何かしらして楽しみたいという気持ちも出てきます。

 

もし、パチスロに興味がある人は、フラッと昼間の暇な時間帯を使ってパチンコ店に行く主婦も多いですね。旦那が返ってくるまでに夕食を準備しておけば良いという考えの人もいて、それまではパチンコ店で遊ぶという感じです。

 

子どもがいない場合は、お金にも多少余裕があると思いますし、1万2万握りしめてパチスロを楽しむ人もいると思います。

 

もし、パチスロに興味がある人は、この長い時間をパチスロで楽しんで、過ごそうとする思考が働きやすいです。1時間や2時間であれば、わざわざパチスロを楽しむという思考は働きにくいですし、自分も働いている場合、遊戯する時間帯が少ないのではまる事はほとんどないです。

 

ただ、お金に余裕がある、暇な時間帯が多い人はついついパチスロに行ってしまうケースもあるので、パチスロに少しでも興味を持っている女の人は注意が必要です。

 

女性の体内時計の感覚の違い

 

さて、主婦がはまる理由は他にもあり、それが体感時計ですね。女の人は自分が興味を持った事に対して熱中しやすい傾向があり、時間も忘れるほど行ってしまう事もあります。

 

例えば買い物好きの女性が長い間歩きながらショッピングしても疲れるという感覚はあまりなく、楽しいという感覚の方が強いです。自分の好きなことであれば長時間楽しみたい、長時間楽しんでも体の疲労を感じにくいと言った感じでしょうか。

 

これは、パチスロをする女の人にもはてまります。パチスロが好きではまっている人は、長時間パチスロをしても疲れるというよりは、楽しいという感覚の方が強くなります。別に一日中パチスロを打っていられる女の人も珍しくないです。

 

はまってしまうと時間を忘れてしまうというのは、男性よりも女性の方が多いような気がします。もちろん、個人差がありますし、女性の方の中には飽きっぽい人もいるのでなんともいえませんが、女性の方が時間を忘れてはまりやすいという傾向は少し強いのかなと思います。

 

もし、自分が好きな事をする時に、時間を忘れてはまってしまう人はパチスロにはまりやすい傾向があるので注意します。

 

パート主婦の人も注意

 

さて、主婦の人の中にはパートをしている人も多くいます。

 

もし、パートをしている主婦でパチスロに強い興味を持っている人は注意です。仮に子どもがいなくて、旦那の給料だけで十分やっていけるけど、自分のお小遣いのためにパートをしている人は、パチスロにハマってしまうと、パチスロに自分の収入を費やしてしまう可能性があります。

 

パートの場合は、一日の労働時間そう長くないですし、数時間パチスロを打つ事も可能だと思います。パートが終わって夜までのあいた時間をパチスロで楽しむという人もいます。

 

子どもがいたり、旦那の給料だけでは生活が楽ではない場合でパートをしている人であればあまりお金を使えないという事で、パチスロに興味があってもそこまでハマらないと思いますが、状況によってはハマってしまう可能性があります。

 

このように、いくつかの原因が重なってかなりはまってしまう主婦もいます。パチスロにはまりやすい性格、そして状況になっている人は注意が必要です。まあ、パチスロに興味を持たなければまったく問題ないですが、趣味としてパチスロを楽しんでいる女の人は、主婦になった時にはまらないように注意する必要があります。まあ、一番は結婚したら子どもや生活のために辞めるというのが一番良い選択です。