パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

パチスロ6号機って勝てるのか?

こんばんわ。

 

パチスロは10月から本格的に6号機に移行します。とはいっても、少しずつ6号機の台が増えると言った感じでしょうか。

 

絆や番長3などの5号機がいきなり消えるわけではないので、その点は誤解しないようにしておきます。

目次

 

 

6号機の主な特徴

 

パチスロを打っている人からすると、6号機は勝てるのかという事ですね。

 

高設定を打てば勝てます。という回答は当たり前すぎですね。では6号機は5.9号機や5号機と比べると勝ちやすいのかについてお話します。

 

6号機の最大の特徴がスピードですね。純増の制限がないので、純増5枚というのも可能です。つまり出玉スピードが速いということが言えます。

 

これは、5.9号機よりも増している点ですね。ただ、各ゲーム数に機械割の制限がある点と、一撃2400枚という制限がある事を考えれば5.9号機よりは出玉スピードは速いけど5号機の旧基準機には及ばないと見ています。

 

つまり、絆などと比べると出玉スピードは遅いと予想しています。でも、純増が5枚となれば一瞬のスピードは速いので夜から来店して短時間勝負する人にとっては都合が良いですね。

 

機械割は5.9号機などよりも落ちる可能性は高いですが、第一弾として登場する番長鏡は設定6の機械割が112%ぐらいありますね。

 

これは、別に5.9号機とあまり変わらないです。しかし、5.5号機や5号機と比べると全体的に機械割は下がっています。特に高設定域の機械割が下がっているので、大勝はしにくくなっていると予想しています。

 

低設定域に関しては、今までとあまり変わらないのかなと思います。ただ、機械割の下限もあるので、全体的には遊びやすい仕様ですね。ただ、勝ちやすいかと言われると少し厳しくなっているという事です。

 

多少負けても良いという人にとっては6号機は合っていると思いますが、しっかりと収支を上げたいという人は厳しい時代になるのかなと思います。

 

5.9号機よりはまし

 

トータルで考えると、6号機は5.9号機よりも勝ちやすくなっています。

 

天井復活、ゾーン復活

 

まずは、天井とゾーンが復活した事ですね。特に天井がある事によって低設定でも投資を一回止める事が出来ます。5.9号機はどこまでハマってしまうのか分からないですが、6号機はその点が解消されているので投資が少なく済みやすいということが言えます。

 

これからメインとなる台

 

5.9号機はメイン機種はなかったですね。設置台数も少なくて設定という意味では、ほとんど期待できなかったです。

 

お店側も今後5.9号機が人気が出るとは思えない状況だったと思うので、低設定メインで稼働させたというホールは多かったと思います。

 

しかし、6号機は今後パチスロのメインとなる台です。特に番長やバジリスクなど今まで稼働が高く、メインとして活躍してきた機種にとっては6号機でも設置台数が多く、メインとして活躍する可能性が高いです。

 

つまり、確実に5.9号機よりも設定状況が良くなります。設定5や6を打てる機会も多くなり、結果として勝ちやすくなります。

 

このように、5.9号機よりは状況が良くなる可能性があります。しかし、旧基準機のようには勝てないので今まで勝っている人も収支が下がり、今まで勝てなかった人はさらに勝てない状況になるでしょう。

 

勝てていにない人は止め時

 

さて、6号機は5.9号機よりはましになりますが、5.5号機などと比べると勝てないということが予想されます。

 

つまり、今の段階で勝てていない人は、今後さらに勝てなくなるという事です。

 

6号機になれば勝てるかもしれないという思考が働く人もいますが、それは甘い考えです。6号機で勝てる人は今の段階で+収支に持っていけている人です。

 

さらに、5号機時代に+20万から40万をピンで稼げている人が今後も勝てます。つまり、それ以外の人は良くてトントンかマイナスです。

 

悪い事はいいませんので、今の段階でマイナス収支の人はパチスロから距離を話すようにしましょう。もっと、お金の使い道を考えて後で納得できるような事にお金を使って人生エンジョイしていく方がお勧めだと思います。