パチスロ辞める 依存症と将来性

パチスロを辞めるためのブログです。どうしても辞めれない人はぜひ参考にしてください

仕事に支障が出る可能性

パチスロ依存症になるデメリットとしては仕事に支障が出る可能性があります。

 

仕事は生活をする上で欠かすことが出来ないものであり、この仕事のやる気がなくなったり、集中出来なくなったりすると会社に貢献出来ずに昇進や昇給出来ない可能性が高くなります。

目次

 

 

パチスロのことばかり考えてしまう

 

パチスロにハマってしまうとパチスロの事を考えてしまう事が多くなり、仕事に集中出来ない可能性があります。

 

仕事に集中出来なくなるとなかなか会社に貢献することが難しくなり、待遇が上がらない状況になるので注意します。趣味程度の楽しんでおり、仕事になるとスイッチを切り替えられる人は問題ないですが、仕事の時でもパチスロの事を少しでも考えるようになると仕事に支障が出てくるので、パチスロにはまりすぎないことが必要です。

 

特にたまたま勝つ事が連続すると、もっと勝ちたちという欲からパチスロの事をかんがえる事が多くなります。

 

仕事がおろそかになっては意味がない

 

パチスロよって仕事に支障が出るというのはあまり良くない事です。

 

お金を稼ぐという大事な役目を背負っている仕事がおろそかになってしまっては人生がマイナス方向に行ってしまう可能性があります。

 

今までは仕事に集中できたきたけど、パチスロにはまって仕事に集中出来なくなる事例もあるので、どれだけ仕事とパチスロを別に考える事ができるのかがポイントです。どうしてもパチスロをしていると集中できないというのであれば、パチスロを辞めるという選択を選ぶのが理想です。

 

パチスロは楽しいけどはまりやすいもの

 

パチスロは娯楽の中でも楽しい方だと思います。さまざま演出があり、頭の中が熱くなるようなシステムになっているのではまってしまう人は多いです。

 

はまらないことが一番大事ですが、どうしてもはまりそうな人は早い段階で辞める事が必要です。もし、はまってしまうとそこからパチスロを切り離すのは簡単ではないです。なかなか辞められない人も多くいるので、一番ははまりそうになったら辞める事ですね。

 

もし、はまってしまたったら急に辞めるのは難しいです。そこで、少しずつでも良いのでパチスロを行う頻度を少なくして地道に辞めるようにします。いきなり辞められるようであれば苦労しないので、辞めるのに苦労している人が多いという事は辞めるのは簡単ではないという事です。